弁護士に相談する

自分で債務整理を出来ない訳ではありません。そのとき、債務者は、当たり前のことを言っているまでですが、債務を完済している訳ではないということを忘れてはならないです。債務者は、債務整理というモチベーションを持つことで、結構既に気がゆるんでしまうとも言います。債務整理以前に返済日が遅れても大丈夫という怠惰や、強気のモチベーションが生まれるとも言います。

債務整理による安易な考えが失業を招くとも言います。それは、借金をしていることが、会社じゅうの噂になってしまうからです。消費者金融も、そのとき、実際に会社の名前は伏せるものの、勤務先に電話が入るかもしれないためです。債務者は、実際に債務整理と向きあうものの、債務は完済している訳ではありませんし、不利な条件を抱えたままでいます。もう既に、消費者金融の債務者に対しての向きあい方は、お客様としての対応ではなくて、問題のある契約者としての扱いです。

自分で債務整理で出来ない訳ではありませんが、より以上、債務整理とは慎重に向きあうことになり、相当なストレスを抱えてしまうことになります。一人で債務整理を行う場合、相手は、プロフェッショナルであり交渉が有利に進まないかもしれません。弁護士に相談することは、労力・ストレスを大幅に抑えることが出来る方法なのです。

【参考情報】アディーレ法律事務所

自分一人で債務整理

債務整理は自分で出会い来るという人たちもいるかもしれません。しかし、そのとき、債務整理について気をつけるべきことがあります。債務整理と言えば、大まかには、任意整理、民事再生(個人再生)、自己破産があります。任意整理、民事再生(個人再生)、自己破産を、弁護士に頼ることなく、自分で、消費者金融などと交渉し決着をつけることは、実際に可能は可能です。しかし、これから債務整理をしようと思っている債務者の方々が、そのような知識を持っているのかが問題なのです。

今まで、借りることが専門だった人たちではないでしょうか。法律的知識、経験と言えば、消費者金融の方が多く持っているから、まともに交渉しようと思っても、いいようにあしらわれてしまうかもしれません。

良くあるパターンなのですが、自分で債務整理をしようと思い、結局出来なかったから、あとあと弁護士に債務整理を相談するパターンがあります。自分で最初はしようと思っていたので、もう既に、債務関係をぐちゃぐちゃしてしまった後かもしれません。そのとき法律事務所に相談しても、更によけいなお金がかかってしまうかもしれません。

債務者の方々も、しっかり状況を判断して、自分ではなく、専門家に任せた方が良いパターンが一杯あります。

債務整理とは

個人の方々が、債務整理をするとき、法律と向きあうことになり、やっぱり多くの苦手要素を抱えることになります。そのとき、弁護士に相談ということになるかもしれませんが、弁護士に相談すること自体も、敷居が高いと感じている人たちも少なくはありません。今、そのような人たちが、弁護士・法律事務所とどのような向きあい方をして行けば良いのでしょうか。

任意整理とは、裁判所を通さない方法であり、弁護士が消費者金融と、元本の減額や、受任後の利息のカットについ交渉をし、交渉結果に基づいて返済をしていく方法のことを言います。

特定調停では、裁判所を通し、簡易裁判所の指定する調停委員のもと、債権者と債務者とが交渉しあい、削減、分割によって返済をしていく方法です。

更に個人再生(民事再生)とは、裁判所を通す方法であり、地方裁判所に再生計画が認可されることで、減額された借金を原則3年で分割返済していく形をとることが出来ます。

更に、自己破産の場合、裁判所を通し、地方裁判所に破産を申立て借金をゼロにする方法のことを言います。このような問題を、弁護士に依頼すれば、債務者に代わって問題を解決してくれることになります。弁護士に依頼した場合、いろいろなメリットがあり、弁護士に依頼をすれば、すぐに消費者金融の督促行為が停止するのも大きなメリットとして考えることが出来ます。実際に、債務者の方々が脅えてたのは、借金の額ではなく、督促行為だったのかもしれません。