債務整理とは

個人の方々が、債務整理をするとき、法律と向きあうことになり、やっぱり多くの苦手要素を抱えることになります。そのとき、弁護士に相談ということになるかもしれませんが、弁護士に相談すること自体も、敷居が高いと感じている人たちも少なくはありません。今、そのような人たちが、弁護士・法律事務所とどのような向きあい方をして行けば良いのでしょうか。

任意整理とは、裁判所を通さない方法であり、弁護士が消費者金融と、元本の減額や、受任後の利息のカットについ交渉をし、交渉結果に基づいて返済をしていく方法のことを言います。

特定調停では、裁判所を通し、簡易裁判所の指定する調停委員のもと、債権者と債務者とが交渉しあい、削減、分割によって返済をしていく方法です。

更に個人再生(民事再生)とは、裁判所を通す方法であり、地方裁判所に再生計画が認可されることで、減額された借金を原則3年で分割返済していく形をとることが出来ます。

更に、自己破産の場合、裁判所を通し、地方裁判所に破産を申立て借金をゼロにする方法のことを言います。このような問題を、弁護士に依頼すれば、債務者に代わって問題を解決してくれることになります。弁護士に依頼した場合、いろいろなメリットがあり、弁護士に依頼をすれば、すぐに消費者金融の督促行為が停止するのも大きなメリットとして考えることが出来ます。実際に、債務者の方々が脅えてたのは、借金の額ではなく、督促行為だったのかもしれません。