弁護士に相談する

自分で債務整理を出来ない訳ではありません。そのとき、債務者は、当たり前のことを言っているまでですが、債務を完済している訳ではないということを忘れてはならないです。債務者は、債務整理というモチベーションを持つことで、結構既に気がゆるんでしまうとも言います。債務整理以前に返済日が遅れても大丈夫という怠惰や、強気のモチベーションが生まれるとも言います。

債務整理による安易な考えが失業を招くとも言います。それは、借金をしていることが、会社じゅうの噂になってしまうからです。消費者金融も、そのとき、実際に会社の名前は伏せるものの、勤務先に電話が入るかもしれないためです。債務者は、実際に債務整理と向きあうものの、債務は完済している訳ではありませんし、不利な条件を抱えたままでいます。もう既に、消費者金融の債務者に対しての向きあい方は、お客様としての対応ではなくて、問題のある契約者としての扱いです。

自分で債務整理で出来ない訳ではありませんが、より以上、債務整理とは慎重に向きあうことになり、相当なストレスを抱えてしまうことになります。一人で債務整理を行う場合、相手は、プロフェッショナルであり交渉が有利に進まないかもしれません。弁護士に相談することは、労力・ストレスを大幅に抑えることが出来る方法なのです。

【参考情報】アディーレ法律事務所